サーバーの仕組みと水素量|血糖値を下げるお茶は飲むだけで健康に|体内から良い状態に
女の人

血糖値を下げるお茶は飲むだけで健康に|体内から良い状態に

サーバーの仕組みと水素量

飲料を飲む人

電解式と飽和式

水素水サーバーのランキング上位に入る人気サーバーを見比べてみると、水素水を発生させる仕組みには違いがあることが分かります。今水素水サーバーでメジャーになっているのは、電解式と飽和式です。人気ランキングでも電解式と飽和式のサーバーが大半を占めます。水素水サーバーを導入するならこの2つの仕組みの違いを知っていて損はありません。まず、電解式は飲み水に電気分解過程を加えることで水素を生み出します。一方、飽和式は水を電気分解することで水素を取り出し、その水素を飲み水に溶け込ませるのが特徴です。電解式のメリットはサーバー自体が低価格で済むことなので、コスパ重視のランキングでは電解式のサーバーが上位に並びます。飽和式は濃度が安定しやすい分サーバーの価格が高くなる傾向があります。価格と取る方は電解式、品質を取る方は飽和式が向いています。

肝心な水素の量

契約する水素水サーバーを撰ぶ時、ランキングが大変参考になりますが、肝心な水素水の量も必ず見比べましょう。せっかく水素水のサーバーを利用するのに水素の量が少ないと残念です。実は、同じ人気ランキングにランクインするサーバーでも、水中に水素が溶解している量にはかなり差があることが分かります。少ないところだと0.2ppmから0.6ppmしかありません。高濃度タイプだと3ppm以上をキープしていますので、せっかく水素水サーバーを利用するならこれぐらいの濃度は欲しいものです。お店で市販されている水素水も1ppm前後はあるので、水素水サーバを頼む時もこれ以下にならないサーバーを選びましょう。ちなみに、数値自体好評していないメーカーは不誠実なので、避けるべきです。